K村夫婦のアウトドアはじめました☆★☆

旅行、釣り好き♡観光スポット、グルメ、釣り、車中泊、キャンプetc...お役に立てる情報を発信します(^^)

【釣り】魚を釣りたきゃイワシを探せ。釣り人にとってイワシは最高の魚

スポンサーリンク

今回は【イワシ】という魚が釣り人にとっていかに最高の魚かというお話しです。

イワシ、それは魚へんに弱いと書いて【】ですが、日本人にとっては身近な魚です。

では、なぜイワシが釣り人にとって最高の魚なんでしょうか。

 f:id:keeemura:20191127095245j:image

 

 

 【釣って楽しい・食べて美味しい・釣り初心者にはもってこいのイワシ】

 

 まず、なによりもイワシは簡単に釣れます。

イワシが近くに回遊していれば、サビキ仕掛けで釣れます

このサビキ仕掛けは初心者の方やお子さん・ファミリーフィッシングにもってこいであり、そんなサビキ仕掛けでイワシがいっぱい釣れれば、お子さんも大喜び!

大人の方でも、サビキ仕掛けにイワシが鈴なりについていれば、テンションが上がる事でしょう。

f:id:keeemura:20191127095539j:image

 

【イワシは食べても美味しい。】

 また、釣れたイワシは食べても美味しいです。

唐揚げにしたり、つみれにしたり、かば焼きにしたり、レパートリーは多くあり、舌でもイワシを楽しめます。

 これだけでも、イワシは最高の魚の気質はありますが、さらにイワシって最高と思えることがあります。

f:id:keeemura:20191127095340j:image

 

 

【イワシがもっと大きな魚を呼んでくる】

 イワシを美味しく食べているのは人間だけではありません。

イワシが近くに回遊してくると、普段はなかなか釣れない大きな魚などが比較的簡単に狙いやすくなります。

イワシを食べに来た大きな魚を釣った時、ベテランアングラーでも、イワシって最高。

イワシありがとう!と思うはずです。

では、どんな大きな魚が狙えるのでしょうか。

 

【イワシが呼んでくれる魚① シーバス(スズキ)】

 

まずは、身近な大型魚【シーバス(スズキ)】です。

イワシが回遊してくると、シーバスもテンションがMAXになり、イワシを食いまくります。

そのイワシを食べに、普段は外海にいる大きな個体が数多く接岸することも

大型のシーバスが数多く、簡単に釣れる、いわゆる【イワシパターン】になります。

シーバスアングラーにとってもイワシは最高の魚です。


f:id:keeemura:20191127101557p:image

f:id:keeemura:20191127101521j:image

 

 

【イワシが呼んでくれる魚② 青物(ブリ・ハマチ等)】

 

 イワシについて泳ぎまくっている魚、【青物】と呼ばれるブリやハマチなどの魚たちも釣れます。

青物を釣る場合、イワシ等の青物のエサを探すのは必須ですが、イワシが近くを回遊しに来た時には、普段青物なんて釣れない漁港でも、大きなブリなどが釣れる場合があります。

近くの防波堤で、イワシが水面に追い込まれて起きるナブラが見れる事も!

青物を狙う人にとってイワシは無くてはならない存在でしょう。


f:id:keeemura:20191127102341p:image

f:id:keeemura:20191127102400j:image

 

 

【イワシが呼んでくれる魚③ その他フィッシュイーター】

イワシは、いろんな魚の大好物です。

イワシを狙ってくる魚は、シーバスや青物以外にも、サワラ・チヌや真鯛、ヒラメ等言い出したらキリがありません。

イワシが接岸しているときは、いろんな魚を釣るチャンスでもあります。

イワシって最高です。 


f:id:keeemura:20191127102954p:image

f:id:keeemura:20191127102923p:image

 

【まとめ】

まとめとして言えることは、『魚を釣りたきゃイワシを探せ。イワシは釣り人にとって最高の魚だ。』です。

イワシがいれば、イワシ自体も釣れますし、そのイワシがもっと大きな魚を呼んできてくれます。

魚を釣る近道の一つは【イワシを見つける】です。

 

【イワシにまつわる過去の記事】

私たちが過去にイワシに恩恵を受けた記事もありますので是非ご覧ください♪

www.keeemura.com

 

 

 

www.keeemura.com

 

 

 今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

 

K村夫婦でした💑⭐️

 

良かったらポチッと応援よろしくお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村