【和歌山】自然が作った白浜三大観光名所をご紹介♫白浜三段壁 千畳敷 円月島

【和歌山】自然が作った白浜三大観光名所をご紹介♫白浜三段壁 千畳敷 円月島

今回は、和歌山県南紀白浜の壮大な岩系観光スポットのご紹介。

【和歌山県白浜町】といえば、地名にも入っているように、真っ白な砂の海水浴場『白良浜』が有名です。

f:id:keeemura:20191022143527j:image
f:id:keeemura:20191022143530j:image
f:id:keeemura:20191022143524j:image

白浜観光協会 南紀白浜観光ガイドより、写真引用

夏には多くの海水浴客が訪れ、なんと、ハワイのワイキキビーチとは姉妹ビーチになっているんだとか。

とにかく、和歌山県南紀白浜といえば、白良浜を想像するかと思いますが、白浜町には、他にも自然が作った観光名所があります。

今回は白浜の壮大な岩系観光スポットのご紹介です。

 【三段壁】

f:id:keeemura:20191023063202j:image
f:id:keeemura:20191023063210j:image

写真の通り、壮大な岸壁が海に向かってせり出しています。

名前の由来として、【岸壁が段々になっているので、3つの段がある壁なので三段壁】かと思いきや、【の群れを見つけるための監視場、『見段・みだん』があり、監視場の呼び方が変わっていって、(みだんべき・見段壁みだんぺきさんだんべき・三段壁)と呼ばれる様になった】という説が濃厚らしいです。

※諸説あり

また、この三段壁には、岩の下まで降りれるエレベーターがある施設『三段壁洞窟』が展望台の横にあります。

f:id:keeemura:20191023063242j:image

営業時間:8:00~17:00

入場料金:大人1200円 子供800円

今回は、時間の関係上『三段壁洞窟』 へ立ち寄る 事は出来ませんでしたが、かつてこの三段壁を隠れ家にしていた【熊野水軍】という海賊たちの船隠し場所や、洞窟内のパワースポットめぐりができるみたいです。

興味があれば楽しめそうです♫

そして、今やどこでも【恋人の聖地】となっているところがありますが笑

この三段壁も【恋人の聖地】となっております。

アツアツカップルさんは是非立ち寄って、恋人の聖地で写真を撮りましょう!

【千畳敷】

f:id:keeemura:20191023063530j:image
f:id:keeemura:20191023063538j:image
f:id:keeemura:20191023063523j:image

【千畳敷】といえば、和歌山県だけでなく、山口県などにもありますが、今回は、南紀白浜の千畳敷です。(笑)

名前の由来は、畳を千枚ひけるくらい広いからだとか…

この千畳敷を形成している岩は非常に柔らかく、波の浸食により、この複雑な形になったみたいです。

千畳敷の上は歩いて観光することができ、なんと、観光客が多くいる中で、本格的な磯釣りをされている方もいらっしゃいました。

さすが和歌山、どこでも好釣り場なんですね。

千畳敷を歩いた後は、駐車場横に休憩所兼お土産売り場兼レストランがありますので、歩き回りましょう(笑)

f:id:keeemura:20191023073555j:image

【円月島】

f:id:keeemura:20191023063601j:image
f:id:keeemura:20191023063609j:image

白浜の岩系観光スポット、最後は【円月島】です。
上の地図の所に駐車場があり、写真のように円月島全体を見渡せます。

透き通った海にドーンと立っている不思議な形の島ですが、真ん中が綺麗にくりぬかれていてなんともかわいい形です。

お昼間に見るのも壮大で良いのですが、この円月島、夕日や月夜に照らされた時はまた、雰囲気が変わります。

今回は、時間の関係上、お昼間にしか立ち寄れなかったですが、過去、夕日の時に寄った時は、不思議な時間が流れるほど綺麗だったのを覚えています。

くり抜かれた丸の間に夕日が沈んでいき、絶景です。

過去の写真が見当たらなかったので、今回はお写真を借りてきました。

f:id:keeemura:20191023063824j:image

白浜観光協会 南紀白浜観光ガイドより、写真引用

これはゲームの世界か?と思うほど(笑)

そして次は私たちも見た事がない、月夜に照らされた円月島を見ようとたくらんでいます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

K村夫婦でした💑⭐️

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。